皮膚がんのほくろまとめ

スポンサーリンク




皮膚がんのほくろまとめ記事一覧

皮膚がんのほくろはお腹にできやすい?

メラノーマは最悪の癌のひとつです。安易に切除するとそれが刺激となり、全身に転移します。切るなら離れた箇所で、広く切除することになります。大手術です、数週間の入院になります。メラノーマというのは、皮膚がんの一種です。別名で「悪性黒色腫」とも呼ばれています。ほくろが良性の腫瘍なのに対し、メラノーマは悪性...

≫続きを読む

皮膚がんのほくろ【特徴は徹底的に違う?】

「皮膚がん」はその名前の通り、皮膚にできる「ガン」なので、同じく皮膚にできるホクロや湿疹などによく似ている場合もあります。そのためガンと気付かないまま、発見が遅れて転移し、命に関わる大事になってしまうこともあるようです。特徴としては、濃い茶色〜黒色の軽い盛り上がりから始まるため、多くの人がホクロだと...

≫続きを読む

皮膚がんのほくろは背中に沢山できる?驚異の真実とは?

皮膚科に「癌かもしれない」と見せに行かれる場合に、実際に癌である確率論的に言えば悪性の確率は低いです。胸・腹・背中など体の中心部や手足の付け根に近い部位に発生しやすく、白色人種や日本人でも肌の色が白い人に発生が多いタイプです。日本人の場合、足裏にできる悪性黒色腫(メラノーマ)が多いですので、定期的に...

≫続きを読む

皮膚がんのほくろ【足の裏にシミができた?】

日本人のメラノーマの約40%以上は足の裏に発生するので、紫外線の影響は少ないとも思えますが、過度な日焼けは避けた方がよいと考えられています。足の裏に出来たほくろが、全て良くないとは言えませんが、悪性黒色腫であるメラノーマの可能性は否定出来ません。足の裏のほくろが肉眼ではメラノーマと見分けがつかないと...

≫続きを読む

皮膚がんのほくろ【かゆみや浸出液がでる?】

素人がほくろを皮膚の癌かもしれないと疑うのは非常に難しいものです。ですから、気になるほくろがあればすぐに皮膚科を受診し、総合的な判断を仰ぐのが良いです。自分のほくろに痛みやかゆみ、出血、じゅくじゅくした感じなどがあれば、ほくろの癌(がん)が疑われます。正式には、悪性黒色腫(メラノーマ)と呼ばれ、メラ...

≫続きを読む

皮膚がんほくろの手術は比較的シンプル?

皮膚がんは外科手術によって切除しやすく、切除範囲も少なくて済むケースが多いので、比較的治りやすいがんです。もし悪性のほくろをレーザー治療で焼いてしまうと診断が分からなくなってしまうだけでなく、病変を拡大させてしまう恐れがあり大変危険なこととなります。ほくろの出来た時期や大きさを参考に、さらにダーマス...

≫続きを読む

皮膚がんのほくろは病院に行けばすぐわかる?

皮膚がんと診断した場合、内臓への転移がなければ基本的には手術療法が行われます。 手術療法の基本は原発巣(皮膚がん自体)を切除し、摘出した大きさにもよりますが単純縫縮術(切除部分を縫いよせる方法)か、植皮術を行います。ほくろが、普通のほくろ(良性)なのか、癌(悪性)なのか心配ですが、手のひらや足の裏は...

≫続きを読む

皮膚がんほくろの見分け方は結構むずかしい?

皮膚がんとほくろの見分け方として、それが「成人になってできた」ものかどうか、そして「広がっている」かです。皮膚がんは成人になってできて、しかも広がるという特徴があります。ほくろのはふくれることはあっても、どんどん広がることはありません。ほくろは加齢とともに増えていくものです。ほくろが増えると、皮膚に...

≫続きを読む