皮膚がんのほくろ【特徴は徹底的に違う?】

スポンサーリンク




皮膚がんのほくろ【特徴は徹底的に違う?】

「皮膚がん」はその名前の通り、皮膚にできる「ガン」なので、同じく皮膚にできるホクロや湿疹などによく似ている場合もあります。そのためガンと気付かないまま、発見が遅れて転移し、命に関わる大事になってしまうこともあるようです。

 

特徴としては、濃い茶色〜黒色の軽い盛り上がりから始まるため、多くの人がホクロだと勘違いするようです。これが数年のうちに少しずつ大きくなると、中が陥没して潰瘍になり、出血しやすい状態になります。

スポンサーリンク




メラノーマには、ほくろやしみとは違う特徴があります。世界中の医療機関で広く用いられるメラノーマの診断法「ABCDEルール」を見ると、メラノーマの最大の特徴5つが分かります。

 

メラノーマでよく言われるのは、形が不整であることです。つまり、形がいびつだったり、左右で非対称だったり、黒色に濃淡があったりします。さらに、皮膚の一部が盛り上がっている場合や、凹凸がある場合もメラノーマの可能性があります。

 

特徴として、色調がまだらで、表面が一部平滑に見える場合でも全体的には凹凸が存在し、潰瘍が存在したり毛細血管が透けて見えたりすることが挙げられます。しかし、この基底細胞癌を見わけるのはそう簡単ではありません。

 

皮膚がんは、出来る場所によって違いますが、基本的には皮膚の出来ものです。
よく見ると、ほくろに似ている皮膚がんとただのほくろには違いがあります。

 

皮膚がんはほくろに比べて、黒くなる部分が大きいのが特徴です。特に、最初は小さかったものがだんだん範囲を広げている場合は細胞ががん化して増殖している可能性が高いので、病院に相談に行きましょう。

スポンサーリンク




皮膚がんのほくろはお腹にできやすい?

メラノーマは最悪の癌のひとつです。安易に切除するとそれが刺激となり、全身に転移します。切るなら離れた箇所で、広く切除することになります。大手術です、数週間の入院...

≫続きを読む

皮膚がんのほくろ【特徴は徹底的に違う?】

「皮膚がん」はその名前の通り、皮膚にできる「ガン」なので、同じく皮膚にできるホクロや湿疹などによく似ている場合もあります。そのためガンと気付かないまま、発見が遅...

≫続きを読む

皮膚がんのほくろは背中に沢山できる?驚異の真実とは?

皮膚科に「癌かもしれない」と見せに行かれる場合に、実際に癌である確率論的に言えば悪性の確率は低いです。胸・腹・背中など体の中心部や手足の付け根に近い部位に発生し...

≫続きを読む

皮膚がんのほくろ【足の裏にシミができた?】

日本人のメラノーマの約40%以上は足の裏に発生するので、紫外線の影響は少ないとも思えますが、過度な日焼けは避けた方がよいと考えられています。足の裏に出来たほくろ...

≫続きを読む

皮膚がんのほくろ【かゆみや浸出液がでる?】

素人がほくろを皮膚の癌かもしれないと疑うのは非常に難しいものです。ですから、気になるほくろがあればすぐに皮膚科を受診し、総合的な判断を仰ぐのが良いです。自分のほ...

≫続きを読む

皮膚がんほくろの手術は比較的シンプル?

皮膚がんは外科手術によって切除しやすく、切除範囲も少なくて済むケースが多いので、比較的治りやすいがんです。もし悪性のほくろをレーザー治療で焼いてしまうと診断が分...

≫続きを読む

皮膚がんのほくろは病院に行けばすぐわかる?

皮膚がんと診断した場合、内臓への転移がなければ基本的には手術療法が行われます。 手術療法の基本は原発巣(皮膚がん自体)を切除し、摘出した大きさにもよりますが単純...

≫続きを読む

皮膚がんほくろの見分け方は結構むずかしい?

皮膚がんとほくろの見分け方として、それが「成人になってできた」ものかどうか、そして「広がっている」かです。皮膚がんは成人になってできて、しかも広がるという特徴が...

≫続きを読む