腸閉塞イレウスの症状【子供は特に悪化しやすい?】

スポンサーリンク




腸閉塞イレウスの症状【子供は特に悪化しやすい?】

通常、口から摂取した飲食物は胃から小腸、大腸を通って消化・吸収され、便となって肛門から排せつされるのですが、なんらかの原因で内容物が腸に詰まった状態のことを腸閉塞(イレウス)といいます。

 

意外と子供の発症率が高く、体から出るサインを見逃すと命を失う危険性もある重たい疾患。
できるだけ早めに解消するためにも「原因」や「初期症状」を把握しよう。

スポンサーリンク




生後6ヶ月〜2歳児に多くみられる「腸重積」があります。腸の一部が他の腸の部分にもぐりこんで重なり合ってしまう病気です。他には「壊死性腸炎」などが原因になることもあります。
子供が消化しないものを口にしてしまい、消化できず腸にたまり、それが原因で腸がねじれてしまうこともあります。

 

腸のどこかに先天的な形成異常があると、生後まもない子供でも腸閉塞の症状が見られることがあります。お腹の中にいるときに腸が捻れたり、なんらかの原因で腸管への血流が障害されたりすることが原因と言われています。

 

何かしらの異常により腸がねじれたことにより、上手に血液や食べ物・飲み物等が運ばれない。その結果体の中の食べ物等が腐敗してしまい、最終的に「腸内が腐敗してしまう」という状態になることだそうです。

 

乳幼児は、まだ免疫力も弱く、自分で症状などを訴えることもできないので、親が普段から様子を見て、その変化に気付いてあげなければいけないと思います。
また、赤ちゃんや子供はひきつけやケイレンなども起こしやすく、慣れていないと親が慌ててしまい、適切な対処ができない場合もあるでしょう。

スポンサーリンク




腸閉塞イレウスの症状【初期から警戒するべき!】

初期は胃液(白または透明の色で酸っぱい液)か胆汁(黄色で苦い液)となりますが、進行していくと小腸や大腸の中のものが逆流して嘔吐物となります。小腸や大腸から逆流し...

≫続きを読む

腸閉塞イレウスの症状【老人は死亡率が一番高い?】

高齢者の老人は腸閉塞の原因には、運動や身体を捻ったことによる腸捻転はあまり見られません。個人差もありますが、高齢になると運動量が減るためでしょう。高齢者では便秘...

≫続きを読む

腸閉塞イレウスの症状【赤ちゃんは最も危険?】

赤ちゃんや子供にも腸閉塞は多くの原因で発生します。腸閉塞の症状としては、お腹が膨れる、嘔吐を繰り返す、腹痛などが主なものになりますが、下血を伴うこともあります。...

≫続きを読む

腸閉塞イレウスの症状【便で壊死する恐怖の病気?】

口から摂取した飲食物は、胃、小腸、大腸を通って消化・吸収され、便となって肛門から排泄されます。また、唾液や胃液をはじめとする消化液が、1日数lも胃腸のなかに分泌...

≫続きを読む

腸閉塞イレウスの症状【子供は特に悪化しやすい?】

通常、口から摂取した飲食物は胃から小腸、大腸を通って消化・吸収され、便となって肛門から排せつされるのですが、なんらかの原因で内容物が腸に詰まった状態のことを腸閉...

≫続きを読む

腸閉塞イレウスの症状【下痢も腸閉塞と関係がない?】

ショック状態になった場合は一刻も早く手術をしなければなりません。病院での処置で糞便性腸閉塞が解消されると、今度は多量の不消化物が大腸へ流れ込むことになるので、下...

≫続きを読む

腸閉塞イレウスの症状【犬がかかったら死亡する危険も?】

腸管の通過が何らかの原因によって障害される腸閉塞。犬も腸閉塞になります。腸管の内容物が通過できなかったり通過しづらい状態だったりする程度がどの程度か、閉塞した場...

≫続きを読む

腸閉塞イレウスの症状【手術後も安心できない?】

麻酔の覚醒とともに腸管の蠕動運動は回復してきますが、開腹手術では蠕動の回復が遅れることがあるとされています。腸管運動の減弱や腸蠕動運動の消失が進むと、腹部膨満感...

≫続きを読む

腸閉塞イレウスの症状【猫の異物を誤って飲み込んだ可能性】

愛犬や愛猫は異物を誤って飲み込んだ可能性があります。ペットが飲み込みやすい異物はあちこちにあります。猫では紐状の物に注意が必要です。猫の舌はざらざらしているので...

≫続きを読む