腸閉塞イレウスの症状【手術後も安心できない?】

スポンサーリンク




腸閉塞イレウスの症状【手術後も安心できない?】

麻酔の覚醒とともに腸管の蠕動運動は回復してきますが、開腹手術では蠕動の回復が遅れることがあるとされています。
腸管運動の減弱や腸蠕動運動の消失が進むと、腹部膨満感を覚えるようになります。

 

腸閉塞の種類によっては、頻脈(ひんみゃく)、発熱、脱水、尿量の減少なども見られます。
腸閉塞は、死亡にも至る場合がありますので、これの症状が出たら、ただちに病院で診断してもらいましょう。

スポンサーリンク




手術を経験され、何らかの癒着を持ちながらも通常は何事もなく生活されている方で、便通が少しずつ悪くなっていたり、疲れなどで体調不良があったりなどで、食べ過ぎたり、消化のよくないものを摂ったりがきっかけとなり発症することが、非常に多くみられます。

 

腸に血液がいかなくなり、ねじれている部分に血液や体液、食べ物、ガスなどの全てのものが流れずにその部分が腐敗し、腸が壊死してしまうこともあるので、緊急の手術が必要になります。

 

開腹手術後には、腸管が癒着して腸閉塞になりやすい状態となります。中には、腸捻転(腸のねじれ)などで腸管に血流障害が起こって腸管が壊死し、緊急手術が必要になることもあります。

 

手術後はゴボウ、おくら、ぜんまい、たけのこ、さつまいも、里芋などは避けたほうがいいようです。また、噛みにくいものや消化しにくいものも避けましょう。他の食べ物でも同じですが、よく噛んで食べることが大切です。

スポンサーリンク




腸閉塞イレウスの症状【初期から警戒するべき!】

初期は胃液(白または透明の色で酸っぱい液)か胆汁(黄色で苦い液)となりますが、進行していくと小腸や大腸の中のものが逆流して嘔吐物となります。小腸や大腸から逆流し...

≫続きを読む

腸閉塞イレウスの症状【老人は死亡率が一番高い?】

高齢者の老人は腸閉塞の原因には、運動や身体を捻ったことによる腸捻転はあまり見られません。個人差もありますが、高齢になると運動量が減るためでしょう。高齢者では便秘...

≫続きを読む

腸閉塞イレウスの症状【赤ちゃんは最も危険?】

赤ちゃんや子供にも腸閉塞は多くの原因で発生します。腸閉塞の症状としては、お腹が膨れる、嘔吐を繰り返す、腹痛などが主なものになりますが、下血を伴うこともあります。...

≫続きを読む

腸閉塞イレウスの症状【便で壊死する恐怖の病気?】

口から摂取した飲食物は、胃、小腸、大腸を通って消化・吸収され、便となって肛門から排泄されます。また、唾液や胃液をはじめとする消化液が、1日数lも胃腸のなかに分泌...

≫続きを読む

腸閉塞イレウスの症状【子供は特に悪化しやすい?】

通常、口から摂取した飲食物は胃から小腸、大腸を通って消化・吸収され、便となって肛門から排せつされるのですが、なんらかの原因で内容物が腸に詰まった状態のことを腸閉...

≫続きを読む

腸閉塞イレウスの症状【下痢も腸閉塞と関係がない?】

ショック状態になった場合は一刻も早く手術をしなければなりません。病院での処置で糞便性腸閉塞が解消されると、今度は多量の不消化物が大腸へ流れ込むことになるので、下...

≫続きを読む

腸閉塞イレウスの症状【犬がかかったら死亡する危険も?】

腸管の通過が何らかの原因によって障害される腸閉塞。犬も腸閉塞になります。腸管の内容物が通過できなかったり通過しづらい状態だったりする程度がどの程度か、閉塞した場...

≫続きを読む

腸閉塞イレウスの症状【手術後も安心できない?】

麻酔の覚醒とともに腸管の蠕動運動は回復してきますが、開腹手術では蠕動の回復が遅れることがあるとされています。腸管運動の減弱や腸蠕動運動の消失が進むと、腹部膨満感...

≫続きを読む

腸閉塞イレウスの症状【猫の異物を誤って飲み込んだ可能性】

愛犬や愛猫は異物を誤って飲み込んだ可能性があります。ペットが飲み込みやすい異物はあちこちにあります。猫では紐状の物に注意が必要です。猫の舌はざらざらしているので...

≫続きを読む