大腸ポリープ【悪性の確率って高い?】

スポンサーリンク




大腸ポリープ【悪性の確率って高い?】

大腸がんの中には親から子どもへと、高い確率で大腸がんのできやすい体質が受け継がれるものがあります。これが、遺伝性の大腸がんです。

 

胃にできたポリープであれば、がんへと進行する確率は、1%程度と言われていますが、大腸ポリープの場合は、サイズが大きくなればなる程がん化の危険度が増していきます。

 

腺腫の場合は大きさが、1cmを超えてくると悪性のポリープになる確率が増しますので注意が必要です。
悪性ポリープにならないためにも、まだポリープが小さく癌化がみられないうちに早期発見することが重要になってきます。

スポンサーリンク




最近「ポリープが癌化する」こともあるといわれており、ポリープの形をしていながらも、少しずつ、悪性化の道をたどっていくものもあるといわれています。そのため、ポリープを総じて良性腫瘍と検査の段階で決めることは難しいのです。

 

大腸ポリープは繰り返しできてしまうと大腸がんになるリスクが増すといわれています。

 

そのため、できる限り予防に努め、早期発見早期治療をおこなうことが重要になります。
たとえば、加齢や家族の病歴は自分ではどうしようもありません。

 

ポリープという言葉を使う場合、これはすべて良性です。
しかし、良性というのは、癌化する可能性の極めて低いものという意味合いもありますが、癌化する前の状態をさす場合もあります。

 

特に、その良性ポリープが腫瘍性のポリープだった場合、そのまま放っておくとだんだんと大きくなり、やがては悪性に変化して、大腸がんになる可能性もあるのです。

 

5mm以下のポリープであれば99%ががんではなく腺腫だというデータがあります。しかしこれが6〜10mmになると線腫が88%で残りの12%ががんであるという結果が出ており、確率が10倍以上に上がります。

スポンサーリンク




大腸ポリープ【悪性の確率って高い?】

大腸がんの中には親から子どもへと、高い確率で大腸がんのできやすい体質が受け継がれるものがあります。これが、遺伝性の大腸がんです。胃にできたポリープであれば、がん...

≫続きを読む

大腸ポリープ【悪性画像・写真はこちら】

大腸ポリープ【悪性画像・写真】をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YA...

≫続きを読む

大腸ポリープ【悪性は治療で完治させることは可能?】

粘膜内癌といわれる非常に軽度な癌(アメリカでは前癌病変の扱い)は内視鏡的な切除術で対処します。粘膜内癌は内視鏡的に切除され残存がなければ治療は終了です。大腸の「...

≫続きを読む