大腸ポリープ【悪性画像・写真はこちら】

スポンサーリンク




大腸ポリープ【悪性画像・写真はこちら】

大腸ポリープ【悪性画像・写真】をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。

 

⇒ YAHOOジャパンで大腸ポリープ【悪性画像・写真】を検索する

 

⇒ google画像検索で大腸ポリープ【悪性画像・写真】を検索する

スポンサーリンク




 

過形成ポリープは、加齢によって粘膜の正常な細胞が集まって隆起したもので、多くの高齢者にみられます。炎症性ポリープや過形成ポリープは、悪性化してがんになることはほとんどありません。

 

大腸ポリープの場合は大きくなるにつれて悪性に近づいてしまうものなのです。
ポリープのほとんどが問題無いという事があったのです。胃なら問題ないとされているそうなのですが、大腸ポリープの場合は中々うまくいかないのです。

 

腫瘍に分類されるタイプのポリープです。これにも良性の腫瘍と悪性の腫瘍があります。悪性の腫瘍がすなわち「がん」です。ただし、がんといってもポリープ状の形をしているのは、多くの場合早期のがんです。進行がんになると、もはやイボのような突起ではなくなるのでポリープとは呼ばれなくなります。

 

大腸にできた腫瘍性ポリープで、悪性の腫瘍です。がんの大腸内壁への広がりが、粘膜下層にとどまるものをいいます。がんが小さく、一般的には転移も認められず、治療によって永久的もしくは長期的な治癒の期待ができます。

 

特に、その良性ポリープが腫瘍性のポリープだった場合、そのまま放っておくとだんだんと大きくなり、やがては悪性に変化して、大腸がんになる可能性もあるのです。

 

そのため、たとえ良性であっても、時には良性のうちに切除する必要のあるものもあります。

 

大腸に発生した悪性リンパ腫は大きくなると、腸の外側の所属リンパ節に転移し、さらに遠隔のリンパへと拡がっていきます。病期がすすむと肝臓や肺、脳など、多臓器への転移がおこります。

スポンサーリンク




大腸ポリープ【悪性の確率って高い?】

大腸がんの中には親から子どもへと、高い確率で大腸がんのできやすい体質が受け継がれるものがあります。これが、遺伝性の大腸がんです。胃にできたポリープであれば、がん...

≫続きを読む

大腸ポリープ【悪性画像・写真はこちら】

大腸ポリープ【悪性画像・写真】をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YA...

≫続きを読む

大腸ポリープ【悪性は治療で完治させることは可能?】

粘膜内癌といわれる非常に軽度な癌(アメリカでは前癌病変の扱い)は内視鏡的な切除術で対処します。粘膜内癌は内視鏡的に切除され残存がなければ治療は終了です。大腸の「...

≫続きを読む