大腸ポリープ【悪性は治療で完治させることは可能?】

スポンサーリンク




大腸ポリープ【悪性は治療で完治させることは可能?】

粘膜内癌といわれる非常に軽度な癌(アメリカでは前癌病変の扱い)は内視鏡的な切除術で対処します。粘膜内癌は内視鏡的に切除され残存がなければ治療は終了です。

 

大腸の「ポリープ」とは、粘膜の一部がイボのように隆起したものを言います。大腸ポリープの全てにがん化の心配があるわけではありません。大腸ポリープは、「腫瘍性ポリープ」と「非腫瘍性ポリープ」とに分けられます。

スポンサーリンク




ポリープに関しては、できている場所(部位)や大きさやその数によって経過観察を行うか、切除をするか、どちらかの処置をとります。
切除と言っても、近年では内視鏡を用いた切除が多くなっております。癌化を防ぐためにも早めの治療を心がけましょう。

 

腫瘍マーカーとは、体のどこにがんが潜んでいると異常値を示す血液検査の項目のことで、がんの種類に応じて多くの種類がある。転移・再発の評価指標として、また治療の効果判定などのためにも用いられています。

 

大腸がんは早期での自覚症状が出にくいと言われているがんの一つです。
無症状の段階で検査で見つかった場合、早期がんであることが多いです。
ポリープと呼ばれるものは丸い形のものが多いのですが、がんはいびつな形になります。

 

家族性大腸ポリポーシスは、遺伝性の病気です。盲腸から直腸まで、大腸の中にポリープ(腺腫)が100個以上もできてきます。10代からでき始め、早い段階で治療しないと100%がん化します。

 

傷口からの出血を防ぐために止血剤の点滴も行いますが、特に苦しい治療は行いませんので、安心です。
しかしすぐに退院しても大量に出血していることや、腹痛が生じているという場合にはすぐに病院に連絡しましょう。

スポンサーリンク




大腸ポリープ【悪性の確率って高い?】

大腸がんの中には親から子どもへと、高い確率で大腸がんのできやすい体質が受け継がれるものがあります。これが、遺伝性の大腸がんです。胃にできたポリープであれば、がん...

≫続きを読む

大腸ポリープ【悪性画像・写真はこちら】

大腸ポリープ【悪性画像・写真】をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YA...

≫続きを読む

大腸ポリープ【悪性は治療で完治させることは可能?】

粘膜内癌といわれる非常に軽度な癌(アメリカでは前癌病変の扱い)は内視鏡的な切除術で対処します。粘膜内癌は内視鏡的に切除され残存がなければ治療は終了です。大腸の「...

≫続きを読む