大腸がんの血便【頻度は非常に高くなる?】

スポンサーリンク




大腸がんの血便【頻度は非常に高くなる?】

血便は胃の調子が悪くても現れますし、痔でも高頻度で血便は起こります。ですが、その場合どちらかというと鮮血であり真っ赤な血が便器に表れびっくりするときもあります。
しかし大腸がんの血便の特徴はどす黒く便にべっとりと付着してあまり広がりがないものです。

 

死者数は、直腸がんより患者の数が少ない結腸がんの方が多いという。結腸がんは、便潜血反応検査で見つかりにくく、進行してもほとんど自覚症状がないためだと考えられています。

スポンサーリンク




大腸がんが進行すると、大腸の通過障害を来たし、腹痛、便秘や下痢などの排便習慣の変化が生じることがあります。腫瘍の増大に伴い、出血や下血の頻度も増えてきます。

 

このような問題があることから大腸の専門病院が患者さんに便潜血検査を勧めることはあまり、ありません。 大腸の病気が心配な方は便検査でなく最初から精密検査をすべきです。専門医なら大腸の内視鏡検査を勧めるでしょう。

 

検診として行う便潜血反応(後で詳述)が陽性となり精密検査を行うことで発見されたり、ポリープの検査のために行った大腸内視鏡検査でたまたま発見されたり、他の大腸の病気や大腸切除後の内視鏡検査で見つかったりすることがあります。

 

なり進行した症状もあげましたが、注意すべきは症状が重なったり普段とはなんとなく 違うといった(慢性的や頻度)感覚も大事です。

 

何度もいうように大腸がんの症状はできた箇所によって 明らかに自覚症状が違いますし初期にはほとんどありません。

 

発生部位の頻度は、直腸、S状結腸、上行結腸、横行結腸、盲腸、下行結腸の順で多く、中でも、直腸とS状結腸を合わせると全体の7割を超えます。

スポンサーリンク




大腸がんの血便【画像・写真はこちら】

大腸がんの血便【画像・写真】をご覧になりたい方はYAHOOジャパンかgoogleの画像検索機能を使うと効率よくお目当ての画像を探し出すことができます。⇒ YAH...

≫続きを読む

大腸がんの血便【色や形がおかしい?】

がんによる血便では肛門痛がなく、暗赤色の血液が便に混じったり、ときに黒い血塊が出るなどの特徴があります。肛門から離れた盲腸がんや上行結腸がんでは血便を自覚するこ...

≫続きを読む

大腸がんの血便【ステージごとにひどくなる?】

治療効果が高く、かなり進行している大腸がんでも完全に切除すれば完治できる可能性は低くはありません。 術後の5年生存率はステージT期で90%。術後は主に抗がん剤治...

≫続きを読む

大腸がんの血便【頻度は非常に高くなる?】

血便は胃の調子が悪くても現れますし、痔でも高頻度で血便は起こります。ですが、その場合どちらかというと鮮血であり真っ赤な血が便器に表れびっくりするときもあります。...

≫続きを読む

大腸がんの血便【毎回鮮血な血がまじる?】

小さなポリープからの出血も無きにしも非ずですが、他の可能性も考慮する必要がありそうです。例えば、若い女性の場合、便秘になりやすいです。便が固いと、排便時に肛門が...

≫続きを読む

大腸がんの血便は進行度はとっても早い?

癌の進行度は1.初期病巣がどこまで深くなっているか。2.リンパ節に転移があるか。あればどの位遠くか。3.全く違う臓器(直腸がんなら肝臓や肺など)に転移しているか...

≫続きを読む

大腸がんの血便【原因となる病気ごとの症状とは?】

血便はさまざまな消化管のトラブルによってもたらされるので、どの病気による出血なのか原因をいち早くつきとめることが大切です。口に近い部位からの出血は黒色のタール状...

≫続きを読む

大腸がんの血便量はハンパじゃない?300cc以上出る?

便器の中の血液って、結構量が多く感じるものです。便器には水分があるので、たった一滴の血液でも幅広く広がりますので、数滴で赤く染まります。それでビックリして慌てる...

≫続きを読む